Foodstory

Each food has a story,story tells us what is real. Integrate world organic food

中国で絶大な人気を得ている飲み物!

王老吉”の人気度はコカコーラをも凌ぐ!

 

読者の皆さんこんにちは。

 

FoodStoryです。

 

私、夏風邪を引いてしまいました。

 

だいぶ良くなったのですが、もう少しですね。

 

日本から持ってきた薬も丁度切れてしまったので自力で治しています!

 

まだ少し頭がボ〜ッとします。

 

 

 

 

ですが、休んでいる場合ではありません。

 

時間は有限です。

 

風邪だろうが、何だろうが気合いで乗り越えます。

 

 

 

 

という事で、今日は折角なので”健康”に関わる中国で有名な飲み物をご紹介します。

 

もしかしたら皆さん、日本で目にしたことがあるかもしれません。

 

赤いラベルに大きな漢字で王老吉と書いてある飲み物です。

 

※(ワンラオジーと読みます)

 

f:id:arex1927:20170813175541j:plain

 

私も中国に来る前に日本で見かけたことがある様な気がしました。

 

こちらの王老吉”ですが、中国ではコカコーラより人気のある飲み物として有名です。

 

見た目はコーラっぽかったので、最初は炭酸飲料かと思いましたが違います。

 

いろんな種類の漢方が入った漢方ドリンクなのです。

 

(仙草、インドソケイ、破布葉 、菊、スイカズラウツボグサ、リコリスなどなど。)

 

参照 http://portal.nifty.com/2009/05/24/b/

 

 

 

 

 

 

さて、気になる味ですが・・・

 

 

 

 

とても甘いです!

 

 

 

甘すぎる!

 

 

 

何と表現して良いのかわからない味です。

 

 

濃いくてもの凄く甘〜い健康ドリンクといえばわかりますでしょうか。

 

ん〜私の人生で初めて体験した味でした。

 

正直、苦手な味です。w

 

 

 

 

王老吉”は中国国内のスーパー、コンビニを見渡してみると、だいたいどこにでも置かれています。

 

それだけ人気があるんですね。

 

f:id:arex1927:20170813181528j:plain

 

参照 http://sp.recordchina.co.jp/pics.php?id=19460&ph=0&a=1

 

 

 

紙パックタイプもあるみたいです。

 

 

緑の紙パック入り王老吉

 

参照 https://www.yuikoba.com/blog/tag/王老吉/

 

 

私が購入した時の値段は忘れましたが、日本のアマゾンでは1個135円で販売しております。

 

中国でもそこそこ良い値段だったような気がします。

 

f:id:arex1927:20170813182122j:plain

参照 Amazon CAPTCHA

 

もし気になる方がいらっしゃいましたら、中国で絶大な人気を誇る王老吉”を試されてみてはいかがでしょうか!

 

またもし飲まれましたら、その感想を私に是非教えてください!

 

 

では、本日はここまでです。

 

今日は体調回復に向けて王老吉”を飲んでゆっくり休みたいと思います。

 

では、またお会いしましょう!

 

 

上海のスイカは1個●●円!!

中国は果物が安い!

 

読者の皆さんこんにちは。

 

FoodStoryです。

 

先日、近所のスーパーに行ってきました。

 

こちらでの生活は自炊をしないので、販売されている肉や果物、野菜などには興味がなかったのですが、この前ふと目にしたスイカの値段に驚きました!

 

f:id:arex1927:20170810154549j:plain

 

 

みなさん、このスイカいくらだと思いますか?

 

0.99元なので日本円で約17円です。

 

大きさは45センチ程のある大〜きなスイカでした。

 

ほ〜安い!こんな安いスイカに出会ったのは初めてです!

 

味はどうなのかは知りませんが・・・

 

逆に日本で販売されているスイカは1個いくらでしょうか。

 

気になったので調べました。

 

f:id:arex1927:20170810155927j:plain

参照 【楽天市場】スイカ | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)

 

 

 

こちらの楽天市場で一番多く販売されているスイカは1個あたり3580円です。

 

そのほかのスイカを見てみても、やはり2000円〜4000円代ですね。

 

高級なものだと5000円近くするものもありました。

 

ヒョエ〜こうして改めて見てみると高いですね。

 

 

 

日本のスイカの値段の高さは、外国からも色々と指摘を受けているみたいです。w

 

news.searchina.net

 

なぜ、ここまで差があるのか。

 

その理由としては、

 

⑴日本政府による農民の収入保護、国産農作物の価格を意図的に高止まりさせている

 

⑵高齢化が深刻な日本では、生産者の年齢が高まり、重労働を伴うスイカ栽培が敬遠されつつある

 

スイカ栽培は重労働なのでしょうか??

 

大きさや糖度など、市場に出せるスイカの基準がとても厳しく、合格率が高くないこと

 

日本のスイカは良いものしか出回っていないということですね!

 

 

 

上記の3点が日本のスイカが高額な理由です。

 

 

 

こちらの記事でも日本のスイカはウイスキーより高いと揶揄されています。w

www.yukawanet.com

 

 

スイカの育て方は皆さんご存知ですか?

 

私は知りません。

 

先ほども思いましたが、そもそも重労働なのでしょうか。

 

 

 

以下調べました⬇︎

 

スイカも栽培が難しい果菜である。小玉スイカはまだ栽培しやすいが、大玉スイカをきちんと大玉に育てるのは、ひじょうに難しい。初心者の場合、種からではなく、苗を専門店で購入することをすすめられるほどである。

それでも、堆肥をたつぷり混ぜた土づくりからはじめ、ドームハウスをつくって、気温が上がると風通しをよくしたり、気温が下がるとビニールをかぶせるといった手間をかける必要がある。つるが伸びてきたら、勢いのよいものを残して剪定しなければならない。

実をつけてからも、油かすや米ぬかをまき、水をやることが必要。味をよくするには、少しくらい水が足りないほうがよいといわれ、水加減もポイントになる。さらに、実が拳くらいに成長すると、玉を回転させ、まんべんなく日光にあたるように世話することも必要だ。おいしく大きなスイカを育てるには、そのような手間がかかるのだ。

 

参照 http://food-kitchen.net/kudamono/bean-knowledge/1310fruit.html

 

 

 

このようにかなり手間がかかるみたいですね。

 

初めて知りました。

 

みなさん、農家の方が汗水垂らして作ったスイカを食べるときは、しっかり味わって食べましょう。

 

 

そういえば、先日中国人の友達から日本には奇妙なスイカがあると言われました。

 

 

それがこちら

「スイカ 四角い」の画像検索結果

参照 https://matome.naver.jp/odai/2140368875419831401

 

 

みなさんご存知だと思います。

 

そうです。

 

正方形のスイカです。

 

これ中国人の友達がメチャクチャ笑ってました。

 

面白すぎるみたいです。

 

 

私も知っているだけで、食べたことがないので何ともいえませんでした。

 

 

他にも色々な形をしたスイカが出回っているみたいですね。

 

 

 

こちらはハートの形をしたスイカ

 

f:id:arex1927:20170810162206j:plain

参照 https://smaclub.jp/archives/6775

 

 

こちらは台湾で流行っている豚の形をしたスイカです。

f:id:arex1927:20170810162420p:plain

 

もはやスイカではないですね。

 

新しい果物のような気がします。

 

 

中国のスーパーを回ってみるとまだまだ面白い食材に出会えそうですね。

 

こんな感じでまた気になる食材のレポートをお届けしたいと思います。

 

最後まで読んでいただいた読者の皆さん、どうもありがとうございました。

 

また更新します!

 

 

 

 

紹興酒を飲んでみた!

中国のお酒といえば紹興酒

 

読者の皆さんこんにちは、FoodStoryです。

 

皆さん、いきなりですが中国のお酒といえば百酒、もしくは紹興酒を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

私は紹興酒が真っ先に頭に浮かび上がります。

 

上海に来てから、この紹興酒がどうも気になっていて、いつか飲もうと思いつつもなかなか飲む機会がありませんでした。

 

紹興酒を飲む機会ってあまり無いですよね。

 

そこで、先日、近所のスーパーに出向いて紹興酒を購入して来ました。

 

それがこちら

 

f:id:arex1927:20170806195040j:plain

 

f:id:arex1927:20170806195102j:plain

 

こちらの紹興酒、500mlで18元です。(日本円で約300円)

 

5年ものですね。5年間寝かされた紹興酒です。

 

私、折角なので、紹興酒について少し調べてみました。

 

紹興酒は绍兴市という場所で作られています。

 

上海から高速鉄道約3時間ほどで着きます。

 

意外と近所なんですね。

 

绍兴市内にある鑑湖(湖)の水で仕込んでいます。

 

今現在は湖の汚染が酷く水道水を使っているとの噂もあります・・・

 

アルコール度数は14~18です。意外とありますね。

 

直接飲んだり、料理にも使えます。

 

料理の場合は主に中華料理に使われます。

 

紹興酒を使うと、料理に旨みとコクが加わり、また肉などの生臭みが抑えられ、肉が柔らかくなる効果があります。

参照https://cookpad.com/cooking_basics/14865

 

中華料理屋さんは紹興酒を愛用しているのでしょうか?

 

気になります。

 

 

 

 

日本では、面白い飲み方が浸透しています。

 

それは紹興酒角砂糖等の糖類や、甘い干し梅を入れて飲む飲み方です。

参照 紹興酒 - Wikipedia

 

最近では、梅酒割りソーダ割り熱燗などにして飲む方法も流行っているみたいです。

 

www.chugokushu.jp

 

ここで凄い情報を発見しました!

 

紹興酒世界三大美酒のひとつに数えられているんですね!

 

世界三大美酒とはなんでしょうか!

 

初めて聞きました!

 

調べてみると、ワイン、日本酒、紹興酒が世界三大美酒だそうです!

参照 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9448/earth/three.html

 

日本の日本酒もランクインしていると知ると、なんだか嬉しいですね。

 

さて、こんな感じで紹興酒を飲んでみたんですが、感想は・・・

 

 

 

香りは醤油です。

 

味は若干日本酒っぽいような味ですね。

 

ん〜初めて味わった味です。

 

度数も高めなので一気にぐいっとはいけません。

 

ちょびちょび飲む感じでしょうか。

 

今回購入したものは5年ものですが、年数が経てば経つほど甘みが増してくるみたいです。

 

30年ものなんかは本当に美味しいみたいですよ!

 

ただ、値段が張りますが・・・

 

私もいつか30年、40年ものを飲んでみたいです!

 

ちなみに上海では、こんな風に亀の中に入って量り売りをしてくれるお店もあります。

 

ここのお店は近所で見つけました。

f:id:arex1927:20170806202136j:plain

 

これぞ紹興酒って感じですね!

 

量り売りで購入される際にはペットボトルなどの容器を持参して行ってください。

 

 

 

 

 

 

さて、今日はここまでにします!

 

最後まで読んでいただいた読者の皆さん、どうもありがとうございました!

 

また更新します!

 

 

 

 

上海で”うどん”を食べた!

上海にて”はなまるうどん”を発見!

 

読者の皆さんこんばんは。

 

FoodStoryです。

 

上海は、まだ暑いです!

 

今日は大変でした!

 

知り合いの中国人が言うには、今がピークだそうです。

 

だんだんと涼しくなってくるよ〜って言ってました。

 

早く涼しくなってほしいです。

 

 

 

 

さて、今日は皆さんご存知のグローバルハーバーへ行ってきました。

 

「グローバルハーバー」の画像検索結果

参照https://jp.hotels.com/ho687188/haiatto-rijenshi-shang-haigurobaru-haba-shang-hai-zhong-guo/

 

 

晩御飯を探していました。

 

今日は何食べようかな〜とショッピングモール内をブラブラしていたのですが、何やら見たことのある”ひらがな”が目に入りました。

 

おお!

 

はなまるうどんではありませんか!

 

f:id:arex1927:20170802230755j:plain

 

ここ最近、久しく日本食を食べていなかったのでワクワクしてきました。

 

日本にいるときは頻繁に通ってましたね。

 

手頃な価格で美味しいうどんが食べれますからね!

 

これは期待大!

 

 

 

早速注文しました。

 

今回FoodStoryが注文したのは

 

 

肉うどん

白ご飯

唐揚げ

納豆

 

の4品です。

 

f:id:arex1927:20170802231131j:plain

 

私、納豆が大好きなんです。

 

ですが、上海ではあまり納豆を販売しているお店が少ないんですね。

 

中国人はあまり好まないのかもしれませんね。

 

私の中国人の友達も納豆は苦手だと言ってました。

 

理由はダントツの”匂い”ですね。

 

あんなに美味しいのに・・・と思いますが、これも文化の違いです。

 

私FoodStoryも中国の料理で苦手な食べ物、飲み物は沢山あります。

 

こればっかりは仕方ないですね。w

 

 

 

さて、上記のうどんセットですが、値段は50元でした。(日本円で約830円)

 

ちょっと高いかな〜と言う感想です。

 

これ日本で食べたらいくらしますかね?

 

恐らく600円〜700円ぐらいかなと思います。

 

ちょっと割高です。

 

 

 

 

さて、肝心の気になる味ですが、

 

 

 

 

美味しい。

 

 

 

 

普通に美味しかったです。w

 

日本を思い出しました。

 

ただ、麺のコシ具合は日本の麺の方がしっかりしていますね。

 

スープも丁度いい濃さで美味しかったです。

 

うどんのコシがもう少しあれば日本の味とほぼ変わらないですね!

 

おいしかったです〜

 

うどんも美味しかったのですが、今夜のMVPは、やはり納豆です!

 

 

 

納豆と白飯のコンビは最強タッグです!

 

 

 

値段は少し張りましたが満足で帰宅しました。

 

これで明日からも頑張れます!

 

 

 

 

食事は大事なエネルギー源です!

 

美味しいものを食べないと元気が出ないです!

 

皆さんも一番大事な”食事”から”健康”を意識していきましょう!

 

 

 

 

さて、最後に店内の写真上海市内の店舗情報をお伝えしておきます。

 

 

 

 

ちなみに店内はとても綺麗でした。

 

文句ないですね。

f:id:arex1927:20170802232801j:plain

 

店員さんも親切でした。

 

f:id:arex1927:20170802232849j:plain

 

ただ、最後に料金表の写真撮っていいですか?と尋ねたらダメだと言われました。w

 

「いや〜私中国人ではないんです〜。日本人だからこの店が懐かしくて・・・」

 

と言ってもダメでした。

 

また来てくれとのことです。

 

 

 

とのことなので、また行ってきます!

 

 

 

 

はなまるうどんの中国版のホームページです。⬇︎

 

www.hanamaruudon.cnhttp://www.hanamaruudon.cn/ourshop.html

 

上海には8店舗あります。

 

 

 

 

 

 今夜、私が行ったのがこちらの店舗⬇︎

 

f:id:arex1927:20170802233618j:plain

 

 上海に来られて日本のうどんが恋しくなったときは、是非”はなまるうどん”へ行って見てください。

 

きっと満足して帰ることができると思います。

 

 

 

 

さて、今日はここまでです。

 

最後まで読んでいただいた読者の皆さん、どうも有難うございました。

 

またの更新をお楽しみに!

 

f:id:arex1927:20170802233831j:plain

 

 

 

18年かけて作られた庭園に行ってみた!in 上海!

上海の有名な観光地といえばここ!

 

読者の皆さんこんにちは。

 

FoodStoryです。

 

さてさて、今日は上海の中心部にある豫園に行ってきました。

 

f:id:arex1927:20170729202821j:plain

 

ここ豫園は、上海を代表する観光地の一つです。

 

「豫」は愉快の”愉”を示し、すなわち「楽しい園」という意味だそうです。

 

もともと、ある人がお父さんへの贈り物としてプレゼントされた庭園です。

 

庭園をプレゼントするとは、またダイナミックですね。

 

さらにこちらの庭園は、18年の歳月をかけて作られました!

 

建物を見ると、確かに当時の技術では18年ぐらいかかりそうだな〜という印象を持ちましたね。

 

それにしても18年・・・

 

長いです!

 

f:id:arex1927:20170729202948j:plain

f:id:arex1927:20170729203009j:plain

 

建物の作りから中国の文化を感じ取ることができ、当時の風情を感じさせられます。

 

wikipediaによると、庭園の敷地面積は約2m2とのことです。

 参照https://ja.wikipedia.org/wiki/豫園

 

庭園はそこまで大きくないのですが、庭園以外のお土産売り場、飲食店を含めると、とても広いんです。

f:id:arex1927:20170729203146j:plain

 

こちらの庭園には、土産屋さんや、飲食店などが多数入っており、連日観光客で賑わっております。

 

今日もお昼3時頃に行ったのですが、とても人が多かったです。

 

f:id:arex1927:20170729203529j:plain

 

現代と古代の文化が混ざり合い、とても面白みを感じます。

 

この庭園の中に私のオススメな小龍包屋さんがあります。

 

その名も南翔饅頭店!

 

f:id:arex1927:20170729204200j:plain

 

創業100年以上の老舗です。

 

ちなみに、ここ豫园にあるのが本店です。

 

日本にも進出しており、東京川崎大阪福岡にお店があるそうです。

 

私は日本のお店には行ったことがないので、もし読者の皆さん行かれたことがあるという方がいらっしゃいましたら是非感想を教えてください。

 

さて、敷地内をぶらぶら散歩すると、池があったり、スターバックスカフェがあったりと、歩いているだけでとても楽しい時間を過ごせます。

 

f:id:arex1927:20170729204427j:plain

 

f:id:arex1927:20170729204510j:plain

 

f:id:arex1927:20170729204630j:plain

 

f:id:arex1927:20170729204857j:plain

 

 もはや一つの町ですね。

 

そして、豫园のすぐ後ろには巨大なビルが!!

f:id:arex1927:20170729224405j:plain

 

こちらは上海タワーと呼ばれています。

 

2016年に完成したばかりです!

 

高さは632メートル!

 

東京スカイツリーとほぼ同じですね。

 

”中国で最も高いビル”です!

 

こちらのビルのエレベーター、なんと世界一速いエレベーターとしてギネス記録に認定されています!

 

そして高層階には展望台も設置されており、連日観光客で賑わっております。

 

是非皆さんも足を運んでみてください!

 

さて、そんなこんなで今日は豫园を散歩してきました。

 

 

今日はここまでです!

 

また上海の面白い情報をお伝えいたします!

 

最後まで読んでいただいた読者の皆さん、どうもありがとうございました。

 

次回もお楽しみに!

 

 

※上海タワー(近くの公園から)

f:id:arex1927:20170729230409j:plain

 

 

 

 

アイルランドにある本場のギネス工場に行ってみた!!

f:id:arex1927:20170725070017p:plain

参照:

ギネスとは (ギネスとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

 

ヨーロッパといえばビール!ビールと言えばGUINNESS!!

 

 

 

皆さんヨーロッパといえば何を想像されますか??

 

 

歴史を感じる建物、自然、地中海の青い海などなど

 

ただし、忘れてはいけないのが

 

ヨーロッパといえば

 


ビール!!!!!

 

 

イギリスのビールも凄いけど、

 

 

ギネスビールだって負けてません!!

 

 

ということで本日はダブリンのギネス工場を紹介します

 

 

 

 

ダブリン市内は程よく徒歩で徘徊できる程の規模です

 

 

早速ギネス工場に到着すると大きな門が

 

f:id:arex1927:20170725062219j:plain

 

 

 

 

建物も歴史を感じる良い味が出てますね〜

 

 

 

f:id:arex1927:20170725062237j:plain

 

 

 

中に入ってみると

 

まさにエンターテイメント

 

驚きは中階にあるギネスバー

 

お洒落な音楽とソファーが並べてあり店内は広々とした様子

 

 

f:id:arex1927:20170725062244j:plain

 

 

受付でもらった無料テイストドリンクを注文し、ソファーでゆっくりしていると

 

 

 

f:id:arex1927:20170725062304j:plain

 

突然目の前でタップダンスが!!!

 

凄い!!

 

至る所から先ほどまでギネスを振る舞っていた店員さんが次から次へと合流して、

アンビリーバボーなタップダンスショーが披露されました

 

うっかり見入ってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいましたw

 

 

 

気を取り直して最上階にいくとまたしてもバーが

 

 

f:id:arex1927:20170725062255j:plain

 

  

ダブリン市内を360度一望できるような構造になっています 

 

 

 

ダブリンでは連日ひたすらギネスビールを飲み続けるという不摂生ぶりでしたが

 

皆さんもギネスの素晴らしさに酔いしれること間違いないでしょう

 

 

さて、ここで疑問です

 

日本ですと正直ギネスビールは癖が強くて一杯でいいかなと思ってる方も多いかと思い

 

ます。現に私自身そうでした。

 

 

でも本場のギネスは違うんです!!

 

 ダブリン市内のBarのマスターになんでこんなにギネスが美味しいのか聞いてみました

 

 

すると、「水が違うからだよ」と。

 

水が違うだけでこれだけ味が変わるなんて!という驚きと共に

 

 

やっぱり本場のビールは本場で飲むのが一番だなと感じた瞬間でした

 

最後にウィキペディアからギネスビールについて少し紹介しておきます

 

1759年以来、アイルランドダブリンのセント・ジェームズ・ゲート醸造所に生まれた「ギネス」 (Guinness) あるいは「ギネス・ビール」として広く知られる黒スタウトビールの一種。具体的にはドライスタウト)を生産している。

創業者のアーサー・ギネスは、同1759年に当時使われなくなっていたこのセント・ジェームズ・ゲート醸造所を年45ポンドの対価で向う9000年間の契約で借り受けている。 今日ではギネスは認可に基き世界各地で生産されているが、その生産されるビールはあらゆる報告から鑑みればそれぞれ著しく異なっている。一例として、ナイジェリアで生産されているギネスは、アフリカの気候下で流通・保存されるためにアルコール分が8と非常に高くなっている。これは近年になってアフリカへの旅行者を中心に有名になり「アフリカのギネス」という触れ込みで本国アイルランドなどに逆輸入・販売されている。なおロンドンのギネス醸造所は2005年に閉鎖された。

1997年末にグランドメトロポリタン社と合併してディアジオ社を形成し、今はディアジオ社のビール部門という扱いになっている。日本国内でのビールの販売権はサッポロビール2009年6月まで持っていたが、2008年11月ディアジオ社と関係の深い麒麟麦酒(二代目、以下キリンビール)が販売権を取得したと発表、2009年6月からキリンビールが販売を行なうようになった。

結果として実現しなかったが、サッポロビールは日本での販売権を獲得した当初、将来的にサッポロビールでギネスを製造する計画を立てていた。

 

引用:ギネス - Wikipedia

 

 

 

それではまたお会いしましよう!!

 

 

 

上海市内のど真ん中に黄金のお寺を発見!!

 上海市内に突如現れる”お寺”!

 

みなさんこんにちは。

 

FoodStoryです。

 

最近の上海の気温は、37~39度です。

 

とても暑いです。

 

この前は、高温オレンジ警報というものが発令されました。

 

jp.eastday.com

 

そのぐらい暑いんです。

 

こんな日は屋外のプールで遊びたいですね。

 

 

 

さて先日、上海の有名なお寺”静安寺”に行って参りました。

 

f:id:arex1927:20170724180923j:plain

 

 場所は、地下鉄の静安寺駅を降りてすぐです。目の前です。

 

f:id:arex1927:20170724181649j:plain

 

周りは高層ビルだらけで、こんな場所にお寺があるのか!という感じで驚きました。

 

しかもデカイ!

 

そして派手!

 

 

 

ここ静安寺は、悠久の歴史を持つ著名な仏教寺院として広く知られています。

以下、説明文を付けておきます。

三国時代、呉の孫権によって建立され、唐代に「永泰禅寺」と改称され、北宋時代に「静安寺」と名付けられた。静安寺の精進料理も有名で、名物料理として茄子汁で味付けされた車海老、青梅油揚げなどがある。境内には、「赤鳥山門」「天王殿」「功徳殿」「方丈室」がある。方丈室には、真言宗の壇場が新築され、厳かでしめやかである。左側には、持松法師の念仏堂がある。境内にある主な文物は、明代の洪武大鐘、南北朝時期の石彫刻の仏像、雲漢昭回の石碑などである。

参照http://www.shanghaikanko.com/sight/s20/seian.html

 

 

 

正面から撮影(正門)

 

f:id:arex1927:20170724181807j:plain

 

f:id:arex1927:20170724181854j:plain

 

入場料金は一人50元です。(日本円で約830円)

 

さあ、早速中にお邪魔しました!

 

f:id:arex1927:20170724182024j:plain

 

中は意外と広いです。

 

そして、所々に使用されている金色が目立ちます!

 

f:id:arex1927:20170724182329j:plain

 

f:id:arex1927:20170724182343j:plain

 

f:id:arex1927:20170724182359j:plain

 

静安寺の何が面白いかというと、都会のど真ん中にあることです。

 

すぐ横には高層ビルや商業ビルが多数並んでいます。

 

上海の人にとっては、静かで癒されるスポットなのかもしれませんね。

 

f:id:arex1927:20170724182557j:plain

 

f:id:arex1927:20170724182623j:plain

 

中に進んでいくと、写真を見ていただけるとわかると思うんですが、木製の建築様式ですね。

 

丈夫そうだな〜という印象を持ちました。

 

f:id:arex1927:20170724182718j:plain

f:id:arex1927:20170724182732j:plain

 

さらに中に進んでいくと、これまた驚きました。

 

確か5階建だったように思います。

 

細かい部分まで丁寧に作られているのがよくわかります。

 

 

 

f:id:arex1927:20170724182947j:plain

f:id:arex1927:20170724183004j:plain

f:id:arex1927:20170724183034j:plain

 

こんなところに金の龍が!

 

みなさん、中国といえばを思い浮かべるのでなないでしょうか。

 

中国ではは縁起が良いものとして言い伝えられています。

 

かっこいいですね!

 

f:id:arex1927:20170724183306j:plain

 

ここでFoodStoryは面白いものを発見しました。

 

みなさん、これは何だと思いますか?

 

f:id:arex1927:20170724183651j:plain

 

こちらは金のエレベーターです!

 

私FoodStoryは金のエレベーターを生まれて初めて見ました!

 

中はどうなっているのか気になったので覗いて見たところ・・・

 

f:id:arex1927:20170724183939j:plain

f:id:arex1927:20170724183950j:plain

 

お〜!中も金色で埋め尽くされていました!!

 

これは凄い!

 

こんなエレベーター見たことありません!

 

ちょっと違うところで感動をしてしまいました。

 

f:id:arex1927:20170724184309j:plain

 

今回は社会勉強としてお寺の見学に行ってきました。

 

私たち日本人も仏教には馴染みがあるので何か落ち着かせてくれるものがありますね。

 

みなさんも、上海に立ち寄られた際には、ぜひ静安寺に足を運んで見てください。

 

街中のど真ん中にあるので観光の途中にも寄れると思います。

 

静安寺の詳細を載せておきます。

 

時間 07:30~17:00
休み なし
交通 地下鉄2号線、7号線静安寺駅下車
住所 静安区南京西路1686号
TEL 021-6256-6366
料金 50元

 参照http://www.shanghaikanko.com/sight/s20/seian.html

 

ちなみに夜に行くとライトアップされており、違った雰囲気を楽しむことができます。

 

「上海 静安寺」の画像検索結果

 参照http://4travel.jp/travelogue/10993532

 

 

 

とても綺麗ですね。

 

次回は夜に行って見たいと思います。

 

 

 

では、本日はここまでです。

 

最後まで読んでいただいたみんなさん、どうもありがとうございました。

 

またお会いしましょう!

 

f:id:arex1927:20170724184918j:plain