読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Foodstory

Each food has a story,story tells us what is real. Integrate world organic food

お肉と黒にんにくをマッチングさせた一品をご紹介します!

牛ヒレ肉と黒にんにくのロースト

 

 

みなさんこんにちは。

 

FoodStoryです。

 

今日は、牛ヒレ肉と黒にんにくを使った料理をご紹介致します。

 

 

 

私事ですが、私はお肉が大好きです。

 

よくジムに通っているんですが、トレーニングをした日の晩御飯は、なるべくタンパク質(肉)を摂取するようにしています。

 

ちなみに私はプロテインは飲んでいません。

 

以前は飲んでいたのですが、飲まなくても筋肉はつくのか実験をしております。

 

しかし最近判明した事は、プロテインを飲むのをやめてから体重が5キロほど落ちました。

 

プロテインは美味しくて飲みやすいですが、その分、糖分が多く含まれていますので、その影響があったのかな~という感じです。

 

実際はよくわかりません。

 

なぜ体重が落ちたのか自分でも分かっていません。

 

 

 

 

では、そろそろ本日のレシピをご紹介致します!

 

 

牛ヒレ肉と黒にんにくのロースト

f:id:arex1927:20170427010503j:plain

 

 

まず、準備する材料です。

 

 

(準備する材料)

牛肉ヒレ 450グラム 

 

ディジョンマスタード 50cc

 

エルブ・ド・プロヴァンス(様々なハーブをブレンドしたもの)大さじ1杯

 

黒にんにく(細かく刻む)大さじ1杯

 

ブラックペッパー 大さじ1杯

 

唐辛子 大さじ1杯

 

白胡椒 大さじ1杯

 

バター 大さじ2杯 (室温に置かれているもの)

 

塩 少々

 

以上が材料です。

 

 

 

次に作り方をご説明致します!

 

 

(作り方)

1.オーブンを425°Fに予熱します。

 

2.ナイフを使用して、ヒレ肉を3分の2の厚さにカットします。

 

そして肉を開いて平らにします。

 

3.ニンニク、マスタード、ハーブ・ド・プロヴァンスを混ぜます。

 

開いた牛ヒレ肉の上に唐辛子を半分振りかけます。

 

そして牛ヒレ肉を元の形に戻して糸で結びます。

 

次に、バターをヒレ肉の外側に塗ります。

 

そして塩を振りかけ、残りの唐辛子も一緒に振りかけます。

 

4,レアの状態になるまでオーブンでトーストします。

 

そして、糸を切り、肉をスライスします。

 

これで完成です。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか!

 

本日はこれで終わりです!

 

次は今週の日曜日に更新します!

 

さようなら〜!

 

参照www.blackgarlic.net.nz

ナチュラル&オーガニック食品展示会レポート(in ロンドン!)

2017年イギリスのロンドンで開催されたナチュラル&オーガニック食品展示会の現地レポート!

(Natural & Organic Products Europe in London)

 

 

読者の皆さんこんにちは。FoodStoryです。

 

今回は、2017年4月17日にロンドンで行われた自然有機食品の展示会についてレポートします。

f:id:arex1927:20170424224146j:plain

 

参照 http://www.bexzwalker.co.uk/natural-organic-products-europe-show-2017-at-excel-london/

 

Facebook https://www.facebook.com/Natural-Organic-Products-Europe-100622126677939/

 

 

なんと今回の食品展はオーガニック食品の分野において、規模はヨーロッパ最大の展示会のようです。

 

凄いですね!!

 

前回のドイツのBIOFACHも規模が凄かったのでロンドンもどんなに大きいのだろうと期待しながら会場に向かいました。

 

 

 

 

 

f:id:arex1927:20170424224251j:plain

 

気になる入場料はというと、こちらのナチュラル&オーガニック食品展示会はなんと無料で参加できるというなんともお特な展示会です。

 

但し、事前にインターネットでの登録が必要になりますのでくれぐれもご注意下さい!

 

f:id:arex1927:20170424224534j:plain

 

こちらのイベントの盛り上がり具合はというと、今年はなんと訪問者が15,000人以上、そして出展者側が700人という物凄い賑わいを魅せた展示会でした。

 

 

その中でも今回はスタートアップが出展していた物珍しい商品が目に留まる事が多かったので、今回の記事では今年の注目スタートアップをいくつかご紹介いたします。

 

 

  1. mahtay  

ホームページ:http://www.mahtay.co.uk/

 

f:id:arex1927:20170424224647j:plain

 

イギリス発のエナジードリンクのスタートアップ(起業、新設したばかりの企業)です。

 

CEO(創設者)の話に寄ると設立2年目のスタートアップだそうで、今後は海外展開も視野に入れているみたいでした。近いうちに日本に上陸するかもしれませんね!

 

気になるドリンクの味の方は、マテ茶、ココナツウォーター、アサイー、炭酸を加えてすっきりとしたスパークリング茶というところでしょうか。

 

個人的には甘味がなく、少し物足りないなという印象でしたが、飲みやすく、健康志向の高い方には丁度良い味かもしれませんね。

 

ホームページの印象からはターゲット層は主にヨガやジムに通っている顧客という印象です。

 

パッケージも格好よく、男性でも女性でも日々のファッションの1アイテムとしてmahtayのドリンクを持ち歩くとお洒落感が増しそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

⒉Huel

続いてのスタートアップはHuelというブランドです。こちらもイギリス発のスタートアップのようですね。

 

Huel 

ホームページ:https://huel.com/

 

 

f:id:arex1927:20170424225401j:plain

 

商品はとてもシンプルで日本でもなじみのある“プロテイン“です!!

 

ブースのお洒落感に引き寄せられ近寄ってみること、気づいたらスタッフの方と色々とお話をしてしまいました。

 

少しお腹がいっぱいではありましたが試食を進められたのでトライ。

 

味の方はというと・・・。インパクトを期待していただけに反応に困ってしまいました。

 

飲み方としても、パウダーをミキサーにかけないといけないようなので、簡単に摂取したいという方には少し面倒に感じるかもしれません。

 

ただ、含まれている栄養素の部分はとても細かく計算されており、かつ斬新なプロテインという位置づけはまた一つ面白いポイントかもしれませんね!

 

日本で販売されているなじみのエナジーバータイプの商品も取り扱っているようなのでこちらも今後要チェックの新商品ですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

⒊ ABBOT KINNEY’S

ホームページ: http://www.abbotkinneys.com/en/producten/

 

f:id:arex1927:20170424230900j:plain

 参照 http://www.abbotkinneys.com/en/producten/

 

 

こちらの会社はオーガニックとヨーグルトのコラボレーションを売りにしている会社です。

 

フレーバーもいくつか取り扱っているようで、その中でもココナッツミルクベースのアイスクリームはとても美味しそうでした!

 

次こそはトライしてみたいです!

 

是非日本に上陸することを期待しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

⒋ Lily&HANNA

ホームページ: http://www.lilyohanna.se/

 

f:id:arex1927:20170424225745j:plain

 (写真左がCEOのHANNA)

 

こちらははるばるスウェーデンからやってきたアイスクリームスタートアップです。

 

創設者のNANNAがアレルギーを持つ娘にも食べられる健康なアイスを作ってあげたいという想いからアイスを作り始めたそうです。

 

今ではスウェーデンのレストラン等を中心に小売りでの販売を行っており規模も大きくなってきています。

 

今回はイギリスへのビジネスチャンスを求めて出展されていたそうです。

 

こちらの商品の特徴はRaw ice creamを売りにしています。

 

気になる味の方は非常にすっきりとしていて食べやすく、かつ健康という部分がアイス好きの方にはもってこいのキャッチフレーズですね!

 

商品が出来るまでのストーリー(あらすじ)にも強い感銘を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、如何でしたでしょうか?

今回はヨーロッパの中心イギリスでこれから流行しそうなスタートアップの商品を中心に現地レポートをお届けしてきました!

 

日本国内でも東京、横浜などで食品展示会を行っているようですが、是非、海外の食品展示会へも一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

日本国内とは、またひと味違った食品に出会えること間違いなしです。

 

何かお手伝いできることがございましたらfoodstoryまでお気軽にご相談下さい!!

 

 

 それではまた、次回の現地レポートでお会いしましょう!

 

P.S. 会場の様子の写真をいくつかアップしますので宜しかったら見てみてくださいね

↓↓↓

f:id:arex1927:20170424225832j:plain

 

 

 

 

f:id:arex1927:20170424225836j:plain

 

 

 

f:id:arex1927:20170424225856j:plain

 写真:ココナツオイルの販売ブース

 

 

 

f:id:arex1927:20170424225901j:plain

(写真:HIPPEASというブランドのスナック菓子)

 

 

 

 

f:id:arex1927:20170424225908j:plain

 

 

 

f:id:arex1927:20170424225916j:plain

 

サーモンと黒にんにくを使ったレシピです!

サーモンの黒にんにく和え

 

読者の皆さんこんにちは。

 

FoodStoryです。

 

早いもので4月も中盤に差し掛かってきました。

 

最近は1ヶ月が早く過ぎていくように感じます。

 

それだけ充実しているということでしょうか。

 

しかし、1日が24時間では足りません!

 

欲を言えば36時間ぐらい欲しいものですね。

 

よく本や雑誌でご高名の方々が

 

”時間は誰にでも平等に与えられているものです”

 

とお話されているのを思い出します。

 

私も日々の限られた時間を貴重に使わなければと思う今日この頃です。

 

 

 

 

さて、本日は新鮮なサーモンを使った黒にんにく料理をご紹介いたします!

 

その名も”サーモンの黒にんにく和え”

 

f:id:arex1927:20170423130800j:plain

 

 

 

では、まず材料をご紹介いたします!

 

 

 

 

(材料)

バルサミコ酢 1/4カップ

 

オレンジジュース 50cc

 

はちみつ 大さじ2杯

 

唐辛子フレーク 0,6ml

 

黒ニンニク 1片

 

ローズマリー

 

植物油 小さじ2杯

 

サーモン(170g)

 

塩胡椒

 

バター小さじ1杯

 

 

 

 

 

 

次に作り方です!

 

 

 

 

(作り方)

 

ボールの中に、バルサミコ酢、オレンジジュース、ハチミツ、黒ニンニク、唐辛子フレークを入れ、一緒に混ぜ合わせます。

 

そこにローズマリーの小枝を加えます。

 

しばらくしてローズマリーを取り除き、バターを入れ、更に泡立てます。

 

次にサーモンを調理します。

 

塩胡椒でサーモンを味付けし、茶色になるまで調理します。

 

そして、最初に混ぜ合わせていたソースをサーモンの上に注ぐと完成です。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか!

 

 

簡単に調理できるレシピです!

 

 

是非一度お試しください!

 

 

ではまた来週お会いしましょう!

 

 

 

参照 www.blackgarlic.net.nz

 

 

 

今日の献立に迷ったらこの一品!!

玉ねぎと黒にんにくのスープ

 

みなさんこんばんは。

 

FoodStoryです。

 

本日は、黒にんにくと玉ねぎを使ったスープをご紹介致します。

 

玉ねぎといえば、包丁で切る際によく涙を出していたのを思い出します。

 

あれ不思議ですよね。

 

以前見た雑誌では、「包丁の手入れが悪いから玉ねぎが泣いている」と書いてありました。

 

いい包丁で切れば涙が出ないのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

気になります。

 

 

 

 

 

さて、本日の料理の材料と作り方を順にご説明していきます。

 

 

 

 

 

 

【玉ねぎと黒にんにくのスープ】

f:id:arex1927:20170419212737j:plain

 

 

 

 

(準備する材料)

 

バター 50g

 

玉ねぎ 900g (細かくスライスされたもの)

 

砂糖大さじ 1

 

新鮮なタイム 3枝

 

サイダー 200 ml

 

細かくスライスした黒ニンニク 3

 

ウスターソース 1

 

鶏肉または野菜のフォン 1リットル

 

塩と黒胡椒

 

 

 

では、作り方です!

 

 

1.大きな鍋にバターを溶かします。

 

2.次に、細かくスライスしたタマネギを加えます。

 

3.新鮮なタイムの3つの枝を加えます。

 

4.低めの熱で炒めますが、頻繁にかき混ぜて下さい。

タマネギが柔らかくカラメル色になるまで炒めます。

この作業には約40分程かかる場合もあります。

 

5.細かく刻んだ黒ニンニクを加えてかき混ぜます。

 

6.塩と黒胡椒で味付けします。

 

そして、サイダーを鍋に注ぎ煮ます。

 

フォンとウスターソースを混ぜます。

 

最後に、タマネギが柔らかくなるまで20分間ほど料理します。

 

 

 

 

 

 

以上で完成です!

 

今日はこれでおしまいです!

 

また今週の日曜日に更新します!

 

では、さようなら!

 

 

www.blackgarlic.net.nz

 

参照元 http://www.blackgarlic.net.nz/recipes/

 

 

本日の一品は想像しただけでお腹が空いてきます!

黒ニンニクのバターローストチキン

 

 

 

読者の皆さんこんばんは。

 

FoodStoryです。

 

今日は日曜日ということもあり、私は久しぶりにお出かけをしました。

 

都会の喧騒から離れて、静かで落ち着く場所へ電車を乗り継いで行って参りました。

 

やはり都会にいるとどうしても疲れが溜まってしまいます。

 

そういう時は私は自然に帰るようにしています。

 

自分では贅沢な時間だと思っていますが、とても大事な時間だとも思っています。

 

みなさんはどうでしょうか。

 

どうやってリフレッシュしていますか。

 

オススメのリフレッシュ方法があれば教えてください。

 

 

 

 

 

では、本日の料理をご紹介致します。

 

本日は黒ニンニクのバターローストチキンをご紹介致します。

f:id:arex1927:20170416195518j:plain

 

 

 

 材料

 

600グラム程度の鶏肉

レモン 1/2

黒ニンニク1個と半分(皮を剥いたもの)

無塩バター 大さじ7杯

パセリ大さじ2杯程度(細かく刻む)

胡椒 小さじ1/2

ミニトマト(できれば黄色と赤のミニトマトを用意)

 

 

 

作り方

 

1.オーブンを400度に予熱します。

鶏肉をすすぎ、軽く乾かします。

鶏肉の外側全体にレモン汁を絞って、塩を軽くかけます。

そこに絞ったレモンを加えてください。

 

 

2.​​さなボールに、ニンニク、バター、パセリを入れ、胡椒を加えます。

 

 

 

3.指で肉と皮の間を滑らせてゆっくりと押し、両側にポケットを作ります。

手羽元の太い部分も同じようにしてください。

ポテトにニンニクのバターミックスを入れ、鳥肉に塗ります。

ニンニクバターの残りの部分を鶏肉の全面に敷き詰めて、翼の下にバターを入れてください。

 

4.オーブンで30分間ローストします。

鶏肉をひっくり返して、黄金色になるまでローストします。

チキンを調理するのに約1時間ほどかかります。

ローストが終わったらチキンをオーブンから取り出して、少なくとも10分間は置いてください。

 

5.残りの黒ニンニクバターの塊を全面に塗ります。

そしてパセリを振りかけ、塩を振りかけ、最後にミニトマトを添えてください。

 

 

以上で完成です。

 

いかがでしたか!?

 

想像しただけでお腹がすいて来ました。

 

ではまた来週お会いしましょう!

 

www.blackgarlic.net.nz

 

 

参照 http://www.blackgarlic.net.nz/recipes/

 

桃の香りのする鶏肉を、黒にんにくで味付けしました!

桃の香りのする黒にんにく風味の鶏肉 

 

 

f:id:arex1927:20170413155503j:plain

 

 

読者の皆さんこんにちは。

 

 

FoodStoryです。

 

 

今日は鶏肉を使った料理をご紹介致します。

 

 

鶏肉といえば、私が大学生時代によくお世話になっていました。

 

 

毎日、友達と誰かの家に集まり、鍋をしていました。

 

 

その時に鶏肉は必ず鍋に入れていましたね。

 

 

鶏肉は安くて栄養があり、鍋の具材には最適だったのを思い出します。

 

 

今日は、そんな鶏肉と黒にんにくを使った料理をご紹介致します。

 

 

 

 

 

準備する材料

 

⒈約450グラムの桃のシロップ

 

⒉ground ancho chile 小さじ1

 

⒊Ground Aji Amarillo 小さじ1/2

 

⒋Ceylon Cinnamon 小さじ1/2

 

⒌smoked sweet paprika 小さじ1

 

⒍オリーブオイル 大さじ1

 

ディジョンマスタード 大さじ2/1

 

⒏黒にんにく 4片

 

⒐砕いた生姜 小さじ1/2

 

白ワイン 大さじ2

 

11,蜂蜜 1/4 カップ

 

12,鳥の胸肉 4つ

 

 

 

 

 

以上が材料です!

 

 

 

 

では次に作り方です!

 

 

 

 

 

⒈鶏肉以外の材料をミキサーでミックスし、ピューレの状態にします。

 

2.ピューレの半分を別の容器に移しておきます。(後でソースのために必要)

 

3.チャックのついた透明なビニールに鶏肉とピューレを入れて、よく振って混ぜ合わせます。

 

4.それを冷蔵庫に入れます(3~4時間)

 

5.マリネから鶏肉を取り除き、グリルで中火で加熱します。(165度をキープ)

 

6.片面4~5分グリルで加熱します。

 

 

 

以上で完成です!

 

 

 

いかがでしたか!

 

 

 

 

是非一度、お試しください!

 

 

 

 

ご意見、ご感想をお待ちしております!

 

www.blackgarlic.net.nz

参照 http://www.blackgarlic.net.nz/recipes/

 

帆立を使った黒にんにく料理です!一度お試しを!

帆立の黒にんにくとチョリソー添え

 

読者の皆さんこんにちわ。

 

FoodStoryです。

 

4月に入りましたね。

 

お花見の時期ですね。

 

皆さんは、もうお花見はされましたでしょうか?

 

私はまだしていません・・・。

 

たまにはのんびりと桜の下でお酒を飲みたいものです。

 

今年は無理かな~

 

 

 

 

…来年ですね!

 

来年こそは!

 

今この瞬間来年の楽しみが一つ増えました!

 

よし!

 

 

 

ということで、本日は帆立を使った黒にんにく料理をご紹介致します。

 

 

 

 

その名も、帆立の黒にんにくとチョリソー添え!!

 

f:id:arex1927:20170409143749j:plain

 

では、材料からご説明していきます。

 

準備する材料

 

250gの小さな帆立

(スーパーマーケットの魚カウンターで販売されています)

 

②チョリソーソーセージ50g(細かく刻んだもの)

 

③5片の黒にんにく(細かくスライスする)

 

④レモンのジュース

 

⑤パセリ(大さじ1杯程度)

 

⑥チーズ(大さじ1杯程度)

 

⑦シェリー酒(大さじ1杯)

 

⑧レモン 人数分

 

 

 

作り方

 

帆立貝をキッチンタオルの上に置いて乾かします。

 

フライパン(オイルなし)を加熱し、チョリーソソーセージを12分間炒めます。

 

❸熱したフライパンにホタテ貝を加え、黒ニンニクをスライスし、ホタテ貝と黒にんにくを約4分間炒めます。

 

フライパンにパセリとチャイブを振りかける

 

モンジュースとシェリー酒を加えます。

 

1分間加熱します。

 

レモンをホテテの上に絞ってかけると、より美味しいです。

 

 

以上で完成です。

 

いかがでしたか!?

 

意外と簡単に作れます!

 

 

 

本日はこれで終わりです!

 

また来週お会いしましょう!

 

 

参照 http://www.blackgarlic.net.nz/recipes/

 

www.blackgarlic.net.nz